沖縄工芸品
ホーム > 琉球ガラス
 

トップページ
琉球ガラス
紅型
首里織
焼物
アンケート
琉球ガラス

ぽってりとしたフォルムに沖縄の自然を映し出しているかのような鮮やかな色遣いが特徴の琉球ガラス。沖縄のガラス工芸のはじまりは、明治の中頃といわれ、 その歴史は100年余り。沖縄県の伝統工芸のなかで最も歴史が浅く、ガラス工芸として脚光を浴びるようになったのは、戦後、沖縄に駐留するアメリカ軍人向 けにつくられるようになってからです。

  戦後、アメリカ兵が捨てたコーラなどの空き瓶から生まれた再生ガラスは、厚味があり、ガラスの中に気泡が混じっていました。本来ならば不良品扱いとなる 気泡も、琉球ガラスの特徴として活かし、原料ガラスを使う工房が増えた今日でも、素朴な味わいとして受け継がれています。
 
画像をクリック
 
ホーム | 琉球ガラス| 紅型首里織焼物アンケート