沖縄工芸品
ホーム > 首里織
 

トップページ
琉球ガラス
紅型
首里織
焼物
アンケート
首里織

琉球王府の置かれた首里は政治文化の中心にふさわしく、色、柄ともに格調高く洗練された多種類の染織が発達していった。それは海外交易に深く関係しており、王府は国外から織物の技術や材料を取り入れてきた。

  首里織は南方から伝えられたといわれている絣技術と中国から伝えられた紋織りの技術を取り入れ、首里の上流階級や士族の女性たちによって首里の織物として織られていた。

首里織は花倉織、絽織、首里花織、道頓堀(ロートン)織、手縞、綾の中、ムルドゥッチリ(総絣)の7種類を中心に受け継がれている。